カタログ請求・お問い合わせ
  • お問い合わせ一覧
  • 会社案内
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • ENGLISH

うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニック       (長野県長野市) 

患者さんの運動機能を取り戻すためのサポート

「父が外科の勤務医、母が眼科の勤務医という家庭環境で育ってきましたので、私自身、両親の職業をとても身近に感じていました。実際に診療している姿を見ること自体はありませんでしたが、小さい頃からよく医療の話を聞かされていたこともあり、子どもながらに医師という仕事に対しての意識はあったのだと思います。若い時は医師のほかにもいろいろな職業を考えましたが、最終的には、やはり医業を選んだのは、周りの環境が大きく影響したと思います」
「研修医だった頃に、整形外科医になろうと思いました。整形外科というのは広い範囲で患者さんの全身を診る科であり、患者さんの運動機能を取り戻すお手伝いをしながら、日常生活ができるようになる過程を見守ることができます。また、元気になって退院していく姿を見る機会が多いというところにやりがいを感じます」

と穏やかな口調で医師を目指されたきっかけをお話くださった「うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニック」の院長、松崎先生は、大学をご卒業後は名古屋大学に入局され、長野赤十字病院の整形外科副部長を経て、長野県長野市に平成27年5月にご開業されました。

ご友人から贈られた松崎先生のフィギュア

モダンで洗練されたデザインの施設

クリニックの入口から中へ進むと、洗練された雰囲気の素敵な待合室が広がっています。ゆったり座れる広いソファや、やわらかな暖色の照明に、気持ちが和らぎます。
「病院らしくなりすぎず、居心地の良い空間にしたいという思いがあり、暖かい色合いの内装にしました。
完全バリアフリーで、車椅子やベビーカーの患者さんも楽に通院していただけます。院内のディスプレイやインテリアは妻に任せています。クリニックを作る時の設計やレイアウトも彼女が手がけてくれました。
開業当初から、特に待合室は“病院らしくない”雰囲気を意識しています。患者さんは痛みや不安な気持ちを抱えて来院される方が多いので、少しでもリラックスし、安心感を持ってもらえる環境作りが重要だと考えています。開業準備時には、どちらかといえば私は治療に使用する機器などを重点的に選びました」

やわらかな間接照明が灯る落ち着いた雰囲気の待合室

患者さんの立場から考えるより良い医療の提供

松崎先生と明るく仲の良いスタッフの皆さん
「患者さんからの『痛みが和らいで楽になった』、『有難う』という感謝の言葉は、私たちスタッフにとって何よりの喜びであり、また励みとなっています」

「患者さんは65歳以上の高齢者が全体の約8割を占めています。この地域は高齢者の方が多いので、骨粗しょう症の方も非常に多いです。特に高齢の女性には検診を勧めるようにしています。骨粗しょう症は、基本的に自覚症状がないため、正確な骨密度測定による早期発見・早期治療が非常に重要となります。高齢者にとっては、足腰の骨折などが寝たきりの原因になることもあり、そのせいで介護が必要になったりすると、患者さんのみならず、患者さんの御家族全体の生活の質が下がってしまいます。この地域において介護が必要な方を少しでも減らせるよう、できるかぎりのお手伝いをしていけたらと思います」
患者さんの立場を第一に考えて、より良い医療を提供することに力を注がれている松崎先生。高齢の患者さんにふさわしい医療の提供と、日常生活訓練による生活動作の維持や改善を図り、生活の質の向上に努められています。

QOL(生活の質)の向上につながるリハビリを目指して

最新のリハビリ機器を備えたリハビリ室は100㎡を越える、広いスペースでゆったりと治療が受けられます。

運動療法機器(平行棒 プラットホーム等)

水圧式マッサージベッド『アクアラグーン』












「物理療法機器を使ったリハビリは重要で、慢性疼痛を緩和するのに有効です。
整形外科の場合は、変性疾患で骨や関節の形が変わってしまい、それが痛みの原因だということが多いです。原因そのものが物理療法でなんとかなるというものではありませんが、そこからおこってくる筋肉の緊張や冷感、凝り等は物理療法機器によってある程度緩和することができます。整形外科に受診される多くの患者さんが最も困っている症状は疼痛です。疼痛があるかぎり日常生活に支障をきたしますから、まずは理学療法や電気刺激治療などで疼痛を無くす、あるいは緩和させることが一番大事だと思っています」

うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニックでは、できるだけ患者さんの苦痛を少なくすること、QOL(生活の質)の向上を念頭に置いて、日々の診療に当たられています。


うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニック  
〒380-0802 長野県上松3丁目23-22
TEL 026-217-1154     

国宝に指定されている善光寺の本堂

長野市は、本州のほぼ中央、長野県の北部に位置し、周囲を上信越高原国立公園の飯縄山、戸隠山をはじめとした山々に囲まれ、市の中央を千曲川、犀川がゆったりと流れる自然豊かな都市です。長野市は古くから善光寺の門前町として栄えてきました。また、市の南部には武田信玄と上杉謙信の一騎討ちで有名な川中島や、江戸時代に真田氏の居城のあった松代町、北部には天岩戸伝説のある戸隠山とパワースポットとしても知られる戸隠神社があり、年間を通じて多くの観光客でにぎわいます。豪雪地帯が多く、1998年には冬季オリンピック・パラリンピックの開催地となった都市でもあります。
気候は春夏秋冬のはっきりとした特徴があり、四季折々の花々の美しさや山々の表情の移り変わりを感じることができます。また、りんごや桃、山菜やきのこなどの自然の恵み、そばやおやきなどの郷土食が味わえ、ウインタースポーツや身近な山のトレッキングなどを楽しむことができます。

  • 総合カタログ(電子ブック)
  • 全国ネットワーク 営業所案内
  • ユーザーレポート
  • デイケア開発支援
  • 中古医療機器在庫情報
国際規格ISO13485

株式会社日本メディックスは本社、柏工場にて品質システムの国際規格ISO13485を取得しています。