カタログ請求・お問い合わせ
  • お問い合わせ一覧
  • 会社案内
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • ENGLISH

(株)総合リハビリテーション研究所 来歩リハビリステージ(山口県下松市)

ノーマライゼーション社会の実現を目指して

(株)総合リハビリテーション研究所 代表取締役・理学療法士 大谷 道明先生

来歩リハビリステージは、株式会社総合リハビリテーション研究所が運営しているリハビリ特化型の通所介護施設(午前・午後・一日の3単位制)です。
この施設の他に、多機能型事業所(放課後等デイサービス、生活介護)、訪問看護ステーション、介護予防事業所、居宅介護支援事業所、小規模保育園を運営しています。

理学療法士でもいらっしゃる代表取締役社長 大谷道明先生は複合施設を開設に至るまでの経緯についてお話下さいました。
「企業立病院で理学療法士として10年間勤務していました。介護保険制度が導入されたことで、理学療法士の職域も広がり、高齢者リハビリ施設やデイサービスを立ち上げたいなど、様々なところから声が掛かるようになりました。私自身、地域リハビリテーションへの興味や心を持つようになり、思い切って勤務していた病院を退職し、フリーランサーとして地域の介護老人保険施設や通所介護・通所リハビリ施設で非常勤の理学療法士として活動を始めました。また、『認知症高齢者への認知機能改善を目的とした運動療法システムの構築』を研究テーマとして、広島大学大学院にて修学・研究を始めました。一方で、いつか自分の施設を作りたいと思うようになりました」

多い日には1日3か所の介護施設で業務を掛け持ちするなど、ご多忙な毎日の中で、着実にノウハウを蓄積された大谷先生。平成16年の訪問看護ステーションのご開設を皮切りに、ノーマライゼーション構築のため、放課後等デイサービスや保育園のご開設にまで至り意欲的に活動されています。
「下松市は、保育園に入れない待機児童問題を抱え、行政より保育園の運営を勧められていました。年齢や障がいの有無に関わらず、誰もが分け隔てなく安心して暮らせる社会を実現したいと思う中で、障がいを持つ人・持たない人が小さな頃から当たり前のように交流すれば、無意識下でのノーマライゼーション社会が実現するのではないかと考えていました。現状は『区別をしてはいけない』という気持ちの上で成立しているノーマライゼーションだと思うのです。障がいをお持ちの方がいれば少なからず意識してしまう部分がありますが、小さな頃から一緒にいればそういった意識もなくなると思いますし、それこそが私の理想のノーマライゼーション社会です。放課後等デイサービスの設立も検討中であったため、同時に保育園を運営するに至りました」
と、ノーマライゼーション社会の実現に向けての強い想いを語って下さいました。

玄関から入って正面に、受付カウンターのある事務室があります。施設内はすべてバリアフリーになっており、車いすの方でも安心です。

利用者さんから好評の檜風呂の縁は握りやすく、滑りにくくする為の凸凹形状を施しています。

明るく広々としたデイサービスルームでゆっくりくつろげます。

各トイレには排泄しやすい前傾姿勢を支えるためのボードを設置しています。

その人にあったリハビリを提供

多数のリハビリ機器を揃え、開放感にあふれた機能訓練室

[多機能型事業所 来歩 施設内] 機能訓練室

「目標の到達時期には疾病や障がいによって個人差がありますので、押しつけず、急かさず、利用者さんのペースで目標に向けた準備を支援し,ゆっくりと自分と向き合える場になればと思っています。今後は、握力測定、歩行測定などの一般的な体力テストを行うだけではなく、体脂肪・体組成、姿勢、足圧分布等の検査測定による詳細な客観的データを提示し、利用者さんに現状把握してもらい、その人にあったリハビリを含めた具体的な運動プログラムや改善方法の提案をしていきたいと考えています」

また、認知症予防についても、お話をいただきました。
「ウォーキングなどの有酸素運動を行う事で持続的に酸素を体内に取り入れる事が、認知症予防に有効とされていますが、かつ注意を集中させる運動が効果的であることが、我々の研究でも立証されました。」とお話下さいました。

“あきらめない笑顔”のために

いつでも笑顔の溢れる元気なスタッフの皆さん

理学療法士4名、作業療法士1名、言語聴覚士1名、看護師4名、介護福祉士7名、介護職員18名、総勢35名のスタッフは全員とても明るい方達です。

「職種間、他職種間ともコミュニケーションが取れ、明るい雰囲気の職場です。
また、困っている職員がいると自然と助け合ったりできるチームワークの良い職場です。スタッフは、私と同じ想いで利用者さんに接してくれていますから、私もすごく助けられていますね」

利用者さんが明るく前向きにトレーニングができるのは、大谷社長の理念とスタッフの皆さんのチームワークの良さから生まれているものだと実感しました。

また総合リハビリテーション研究所では各事業所にて、サービスの質の向上を目的に職員の専門性を高めることが必要であることから毎月1回の施設内勉強会を実施されています。

最後に弊社の機器を導入された理由について、大谷先生は
「病院勤務時代から、御社の営業マンとの付合いがあり、非常によくしてもらっています。マシンのデザインと機能性がとても優れていて、利用者さんに大好評です」とお話下さいました。


来歩リハビリステージ
〒744-0005
山口県下松市古川町4丁目5番7号
TEL 0833-48-3500  
Fax 0833-48-3502

[福祉分野を目指す方へメッセージ]
福祉分野は、病気や障がいだけではなく、生活や環境にも目を向ける必要があります。様々な経験ができる職域だと思います。利用者さんと楽しみや、悲しみを分かち合い、利用者さんの笑顔を見たときに、心から“やりがい”を感じることができる仕事です。私自身も利用者さんから元気を分けて頂き、それを励みに仕事をしていますので、自分自身も成長できる魅力的な仕事だと思っています。

左:本土と瀬戸内海に浮かぶ笠戸島を結んでいる全長156メートルの笠戸大橋
右:笠戸島から眺める瀬戸内海の風景

下松市は人口約55,000人の街で、山口県の南東に位置しています。    
“くだまつ”という市名の由来は、松に星が降って七日七晩光り続けたという伝説にちなんでいます。市の北部には豊かな森林を有する米川地区があります。東部地区は「にほんの里100選」に選ばれるほどで、地元の人しか知らない絶景の棚田がいくつもあります。市の中央部には大型ショッピングモールなど商業施設が整っており、南は瀬戸内海に面しています。瀬戸内海に位置する笠戸島は、上空から見ると三日月の形をした離島で、本土とは真紅の架け橋「笠戸大橋」でつながっています。キャンプ場や海水浴場、海上遊歩道などレジャー施設が整備されているほか、「日本の夕日100景」にも選ばれた名所や変化にとんだ海岸線など、見応えのある自然風景もあり,県内外から多くの人が訪れています。

  • 総合カタログ(電子ブック)
  • 全国ネットワーク 営業所案内
  • ユーザーレポート
  • デイケア開発支援
  • 中古医療機器在庫情報
国際規格ISO13485

株式会社日本メディックスは本社、柏工場にて品質システムの国際規格ISO13485を取得しています。