カタログ請求・お問い合わせ
  • お問い合わせ一覧
  • 会社案内
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • ENGLISH

医療法人社団 ひたちの整形外科(茨城県牛久市)

幅広い患者さんと疾患に対応する

院長の宮内幸男先生

「骨、筋肉、神経など様々な組織を診断し、赤ん坊から高齢の方まで広く対応するという、整形外科のカバー出来る領域の幅広さに魅力を感じたのが、整形外科医を目指すきっかけとなったのだと思います」
勤務医時代に長らく慣れ親しんだ、茨城県牛久市に開業され10年、現在の地に平成26年5月に移転開院された『ひたちの整形外科』院長の宮内幸男先生にお話を伺いました。
疾患部位や対象となる患者さんの幅広さだけでなく、人々の生活全般に密接に関わる整形外科領域に魅力を感じられたことが、整形外科医を目指された理由だとお話しくださいました。
「当院に来院される患者さんの殆どは、手術適応前の状態であることが多く、患者さんの生活そのものに密接した治療を心掛けています。勤務医時代は手術が殆どで、主に上肢の疾患を担当していましたが、開業してからは全領域の基本的な部分を診ていかなくてはならないですね。手術適応の際は適切な医療機関を紹介します。病院は元より、同じ整形外科の診療所連携が取れています」

居心地の良い施設

さながらホテルのロビーのような空間

落ち着いた印象の受付

新しいエントランス

院の外観、内装共にとても洗練されており、一見するとクリニックとは思えません。ブラウンを基調としたモダンな院内は落ち着いた印象で、受付や待合室はまるでホテルのロビーのようです。
「いかにも病院だというような雰囲気は避け、患者さんの気持ちを明るくし、待ち時間も心地良く過ごしてもらえるような施設を目指しました。受付から診察室、リハビリ室に至るまで、患者さんのみならずスタッフにおいてもスムーズな動線となるよう、十分に配慮しました。またリハビリ室については運動療法室と物理療法室を2つに分け、広々としたスペースを確保しました」

居心地の良い待合室

「待合室の環境が良くないと、待ち時間自体が患者さんの苦痛になってしまいますので、特に気を付けました。また、予約受付システムを導入し、患者さんが受付をした後、一旦外出出来るようにしました。実質的な待ち時間の短縮につながっています」
予約受付システム導入により患者さんが待ち時間を有効に活用することが出来ているそうです。中には一旦受付を済ませてご自宅に戻り、入浴してから戻られる患者さんもおられるとのことでした。

患者さんの「自分で治す」意識が大切

「整形外科領域の首や膝の痛みなどは、患者さん自身の生活スタイルに起因していることが殆どです。治療として必要であれば投薬なども行いますが、リハビリについては単に理学療法士に従って筋トレや可動域訓練を行うのではなく、患者さんが自分から治す意識で、自身の日常生活から改善し、取り組んでいくべきものです。痛みを誘発する要因を少しでも取り除くため、また再発を防ぐためにも、『生活指導』が重要だと考えています」
「治してもらう」ではなく、患者さん自らに「治す」という意識を持ってもらうため、先生・スタッフからの『生活指導』を徹底しておられます。

リハビリ室は、運動療法室(写真左)と物理療法室(写真右)に分かれています。
どちらも広々としたスペースが確保されています。

「何故このような症状が出ているのかといった病態についてしっかりと説明し、患者さんに日常生活上の制約などを理解してもらわないと治療につながらないため、スタッフには丁寧な指導を心掛けてもらっています。そのため診察・診療時間が長くなる傾向にありますね」
患者さんに自分の症状を把握してもらい、日常生活も含めた治療を行うよう、丁寧な診療を徹底されていらっしゃいます。
また、通常の診療とは別に、定期的に『整形外科講座』を開催することにより、疾患やその予防方法などについて、地域の皆さんへの啓蒙活動を行っていらっしゃいます。
「『整形外科講座』については、理学療法士が積極的に行ってくれています。その成果もあり、患者さんの意識の変化につながっています」

「患者さん第一」のスタッフ

宮内先生とスタッフの皆さん

「スタッフに対して、特段接遇などの指導を行ったことはありませんが、皆患者さん第一で動いてくれており、本当に助かっています」
患者さんを一番に考え、丁寧な治療を心掛けているスタッフの皆さん。
患者さんからも好評だそうです。
「脳卒中のリハビリは一定量が欠かせないと考えています。本人のやる気にも大きく左右されるものですが、運動や動作だけでなく、環境や本人・家族が変わろうとしているときに少しでもお役に立てる存在でありたいと思います」

素早い対応の営業マン

低周波・干渉波組み合わせ治療器『セダンテ ネオ』

「日本メディックスの機器やサービスには満足しています。特に、不都合が生じたときなどの対応が早く、問題なく処理してくれています。新商品などについても積極的に提案してくれています」
と、有り難いお言葉を頂戴致しました。今後も万全の対応は勿論のこと、有益な情報提供などについても努めていきたいと思います。


医療法人社団 ひたちの整形外科
〒300-1207 茨城県牛久市ひたち野東3-2-1
TEL 029-878-1200  FAX 029-869-5060

牛久大仏(写真上)
シャトーカミヤ(写真下)

都心から50km圏内、茨城県の南部に位置する牛久市は、東京のベッドタウンとして宅地開発が進み、人口が増加しました。JR常磐線に加え、国道6号や圏央道をはじめとする広域交通ネットワークが充実しており、そのアクセスの良さから今もなお新市街地の開発が進められるなど、発展性のある都市づくりが進められています。
市街地を離れると豊かな自然も有り、市名となった牛久沼は、魚類は勿論のこと野鳥の飛来も多く、四季を通じて市民の憩いの場となっています。
ギネスブック公認の世界最大の大仏・牛久大仏は高さ120mを誇ります。
また、日本初の本格ワイン醸造所であるシャトーカミヤや、淡水真珠で有名な明垣パールなどの施設も人気のスポットとなっています。

  • 総合カタログ(電子ブック)
  • 全国ネットワーク 営業所案内
  • ユーザーレポート
  • デイケア開発支援
  • 中古医療機器在庫情報
国際規格ISO13485

株式会社日本メディックスは本社、柏工場にて品質システムの国際規格ISO13485を取得しています。