カタログ請求・お問い合わせ
  • お問い合わせ一覧
  • 会社案内
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • ENGLISH

医療法人慈誠会 かすが整形外科(神奈川県藤沢市)

患者さん自身が実感する運動器リハの良さ

院長の春日 雅人先生

勤務医時代は股関節や膝関節、脊椎などの手術を数多く手掛けてまいりました。大学病院での勤務の時は11時に受付された患者様が夕方にようやく診察できる程、多くの患者様が受診されていました。この様な経験から、一人ひとりの患者様にしっかりと応対できる自分のクリニックを作りたいと、ずっと考えておりました。一人ひとりの患者様に丁寧に時間をかけて診察する、それが大事との思いで開業を決意いたしました。

優しい雰囲気で穏やかにお話しくださる「かすが整形外科」院長の春日 雅人先生。一人ひとりの患者様にとって満足の得られる地域密着型医療の実現を目指して、2000年に藤沢市渡内で開業されました。

受付カウンター

待合室

性疾患の方が多いので少しでも痛みを改善していただけるようにと、開業当初は温熱療法を主体に処方していました。温熱療法は確かにその場では良いのですが、それが永続するかというと・・・。患者様は痛みがある度に通っても、根本的には筋力も付いていないので転びやすい人は転びやすいままです。ですので、患者様一人ひとりの体力、筋力づくりについてお手伝いすることが本当の整形外科医の役目ではないかと考えました。簡単に言うとロコモティブシンドロームの予防、最近はサルコペニアやフレイルという言葉が頻発に使われるようになっております。体が不安定になり立っていられない、そういうものを予防することによって最終的には健康寿命を延ばす、寝たきりになるのを10年でも15年でも先に伸ばす、ということをしてあげられたらとの思いから、運動器リハビリテーションの設備の充実をはかりました。

リハビリ室の充実したトレーニングマシン類

可動域訓練を行うためのベッド、平行棒

すると、実際リハビリに通ってくれている患者様が、『先生、あの機器はすごくいいね』と言ってくれる。そういう患者様が増えてきて、積極的に通ってきてくれるようになりました。患者様が回復を実感しているからです。今まで手すりが必要だった人が手すりなしで階段を登れる、50m歩行で休んでいた人が駅まで30分歩ける、そういう方が凄く増えてきて、これはやる価値があるなと実感し今に至っています。

2014年、ご開業当時に入られていたビルの隣(地下1階、地上2階建て)に移転、運動器リハを開設されました。移転されてからは運動器リハのエリアも広がり、機器の種類も年ごとに増えています。
開業してすぐにその考えはありました。当初のスペースでは温熱療法の機器などを数台設置するために工夫が必要でした。しかし全身をフォローしたいとの思いから、移転を決めて広いリハビリ室を作りました。最近はまた更に広くしたいと考えています。機能訓練で徒手的に行うスペースを更に増やし、ストレッチ、可動域訓練も一人一台のベッドを使って行えるようにしたいと考えています。

移転に際しては資金面の課題があったとおっしゃる院長のお話を受けて、これだけの施設にしたのは大事な理由がもうひとつある、と事務長はおっしゃいます。
近隣に同じ整形外科の開業があった場合、同じ治療や検査、リハビリを行っていたら患者様離れにつながってしまうとの考えから、差別化をはからなければならないということで、MRIの導入と、運動器リハスペース、マシンの拡充を院長は考えたのです。設備を強化するという事で、実際に患者様の広がりもありました。運動器リハビリテーションの良さを少しずつ理解される方が増え、定着された方々が大勢いらっしゃいます。

MRI、骨密度測定装置、超音波検査装置などを導入

MRI室

MRIの他、骨密度測定装置を導入しています。骨密度測定装置には色々な種類や測定方法があるのですが、世界標準の大腿骨と腰椎の測定ができる、精度の高い装置を導入しています。大腿骨と腰椎は高齢者における骨折が非常に高く、エネルギーの低い2種類のX線を使って測ることで今後のケアの方針にもつながります。超音波検査装置(エコー)も導入しています。靭帯損傷、足首の捻挫や肉離れの方も多く来院されるのですが、超音波を使って受傷度を把握してそれに合った固定、テーピングをするということを積極的に行っています。受傷したお子さんのお母さん方などは『ここに来れば超音波で診てくれると聞いてきました』という方が多くいらっしゃいます。



近隣には学校が多いため、夕方は学生さんが多くいらっしゃいます。
骨粗鬆症、慢性疾患腰痛・急性腰痛症の方や、いわゆる肩こり、頸部の痛み、しびれなど様々な症状の一般的な整形外科領域の患者様もいらっしゃいます。午前中はご年配の方が早朝からお見えになっています。

早く治ってほしい。患者さんに対する院長の思い

広いリハビリ室の一角にある物理療法スペース

水圧式マッサージベッド アクアキューブ

一人でも多くの方患者様に満足いただけるようにしていきたいのですが、お待たせすることがあるのは申し訳ないと思っています。色々な病院へ行ったけどしっかり対応してもらえなかったからとお越しいただく方も多く、そのような患者様には特に時間をかけて丁寧に説明する必要があります。ですが、その方に満足していただくには他の方々をお待たせしてしまうという矛盾に陥ってしまうのが悩みです。再診の患者様ですと比較的早く診療ができますが、新患の方も少なくないのでご説明する時間が必要です。例えば腰痛の方がお見えになったら、まず原因の説明、どうしてこうなったかを極力お伝えするようにして、あとは予防法です。前述のようにお薬と湿布を出しますね、だけで終わってしまうのでは患者様は満足されません。どうしたら予防できるかを必ずお伝えするようにしています。

患者さんに笑ってお帰りいただくことが目標

かすが整形外科 スタッフの皆様

私からスタッフへの積極的な教育はあまりしておりませんが、「患者様を第一に考える」という事だけは常に伝えており、何か問題が起きた時は、基本的にはスタッフの間で考え、解決するというスタンスでやっており、スタッフの自主性を尊重しております。

雰囲気の良さは院長の「患者様ファースト」から生み出されている、と事務長はおっしゃいます。
まず院長が患者様に対してこうしたい、という思いがあるから、みんながそれを理解し、同じ方向を向く。その思いについて院長が強く言う訳ではないのですが、スタッフ同士でそれを共有してやっていると言えます。院長の人柄のお陰か、すてきな患者様達にお越しいただいています。それによってスタッフも育てられ、全体がとても良い雰囲気になり良い循環が生まれているのです。患者様がお見えになって、楽しいとおっしゃっていただけるのが何よりです。笑顔でお帰りいただくことを目標にしています。

導入する機器は患者さんの声を重視

低周波・干渉波組合せ治療器 セダンテネオ

水治療法器・圧注浴装置 オンパー

弊社から多くの機器を導入していただきましたが、機器を導入された経緯をお聞かせください。
あまり故障しない印象でした。また、今まで経験した中での患者様の評判ですね。水圧ベッド、低周波、干渉波、高周波など色々ありますが、これが良い、あれが良いと患者様からのご意見を伺いながら導入を決めております。

院長のお話に続き、リハビリの小野先生から、低周波・干渉波組み合わせ治療器 セダンテネオについてお聞かせいただきました。
今は低周波、干渉波、中周波をミックスしているモードをよく使っています。患者様も今まで単極で届き、同じテンポで行っていたものを、色々な周波数が出て、色々な角度から行うことによって、満足感が得られやすくなっています。それがメディックスさんのものはすごく体感しやすい電気治療器ですね。

事務長からも弊社にとって嬉しいお言葉をいただきました。
デモンストレーションを行って他のものと比較しても、やはりメディックスさんの治療器が良かったですね。それも導入の一つの要因だと思います。何より患者様が、これが良いとおっしゃっていました。

最後に、弊社の営業担当は皆様の役に立てているかお伺いしました。
担当者がきちんと管理、メンテナンスをやってくれる、フォローをしっかりしてくれる、信頼関係を築けていると思います。凄く役に立ってくれています。


医療法人慈誠会 かすが整形外科
〒251-0011
神奈川県藤沢市渡内4-5-8
TEL 0466-27-8388
http://www.kasugaseikeigeka.com/index.html

  • 総合カタログ(電子ブック)
  • 全国ネットワーク 営業所案内
  • ユーザーレポート
  • デイケア開発支援
  • 中古医療機器在庫情報
国際規格ISO13485

株式会社日本メディックスは本社、柏工場にて品質システムの国際規格ISO13485を取得しています。