カタログ請求・お問い合わせ
  • お問い合わせ一覧
  • 会社案内
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • ENGLISH

日本プロサッカーリーグ 横浜FC(神奈川県横浜市)

トレーナーになられた経緯

右から 斎藤 朋之 トレーナー、金内 祐介 トレーナー、矢作 智哉 トレーナー、中村 純基 トレーナー

金内 祐介 トレーナー

横浜FCは神奈川県横浜市をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。練習場となっている横浜FC LEOCトレーニングセンター内のクラブハウスにケアルームがあります。チームには5人のトレーナーが所属されています。最初に、金内祐介トレーナーにお話を伺いました。


元々サッカーをやっていました。高校1年生の冬に怪我をしてからはあまりプレーができなかったので、そういう人の役に立てる方面に進みたいと思いました。患者として鍼治療に通っていたのでまずは鍼灸師の学校へ進みました。2008年に卒業して資格を取り、一般の整骨院で働いていたのですが、やはりもっとスポーツに、特にサッカーに関わりたいと思い、途中で働きながらトレーナー専門学校に通い、卒業した2014年にトレーナーとしての活動を始めました。治療院とトレーナーの派遣の両方を行っていた所で1年半位、大学生のテニス大会のサポート等をさせていただいたのと、エンターテイメント施設でのコンディショニングを担当させていただきました。2015~16年はトレーナーの専門学校に教員としてお世話になりながら、学生が外部で活動する時に、講師という形で関わらせていただきました。その間2016年の1~6月にはオーストリアのサッカークラブに縁があってインターンとして半年間活動させていただきました。その後2017、2018年にトレーナーの派遣会社の方で、高校サッカーチームのサポートと、店舗でのパーソナルトレーニング、鍼、マッサージの治療をメインにしながら2年間働かせていただきました。そして2019年1月より横浜FCにてお世話になっております。

トレーナーの一日のスケジュール

渡邉将広チーフトレーナーを中心に5人のトレーナーが在籍しています。5人のうち常勤の3人が鍼灸師、残りの2人はスポンサーさんから来ていただいている柔道整復師等ですが、基本的には皆が行うことはバックグラウンドで区切ってはいません。
午後からの練習が多いので、スタッフの出勤時間はバラバラなのですが、私の場合は昼前に来て準備をし、選手が昼食を食べに来る頃合いを見て、練習前のケア、テーピング、治療など、選手の対応をしています。二次練習、二次ミーティングがある時は、その直前まで選手対応と、ロッカー等を見回ってちょっと話をしながら、選手に何か変わった様子はないかなど、観察も行っています。うちのチームの場合ですと、トレーナーはコンディショニングについてメインで伝えることが多いのですが、あとはフィジカルコーチからも、気になった選手がいたら声をかけて、もうちょっとこういう補強をやったらどうだという様に指導をいただいております。

練習前後のケアに

弊社のSSP複合治療器「アステオ」を、練習前後のケアにどのように活用いただいているのかをお伺いしました。
張りが強い時などに中周波、ポンプの刺激で収縮をさせて緩めるようなところで今一番多く使わせていただいております。痛みがあればハイボルテージの方で、練習前後に痛みの緩和に使わせていただいております。 
練習前のマッサージはそれ程多くはないのですが、ちょっと気になるところがあると、選手がアステオを使って、中周波で筋緊張を先に緩めておくことを狙っています。練習前などに選手が大勢来てしまったりすると、どうしても手をかけられないということになりますので、そういう時に電気治療器で筋肉をほぐすだけでも選手は変化を感じてくれますし、「マッサージをお願いします」と来ないで「電気使って良いですか?」と言って来る選手もいます。使い方は分かっている場合が多いので、自分で電極を付けづらい時にサポートしてあげています。

SSP複合治療器 「アステオ」

若手にはできるだけ自分の体のことを自分でちゃんと知って、自分である程度コントロールできるようにして欲しいので、そのサポートが大切です。必要のある時はケアをしていくのですが、まずはセルフケアですとか、自分で機器を使えるように教えて、コンディショニングのところも、他のスタッフと協力しながらサポートしております。どちらかというとケアの方はベテラン選手の方に時間を使っています。電気治療器を一番使っている印象が強いのは中堅の選手です。怪我をした後は結構使っている印象ですね。





特に電気刺激が好きな選手は、体のバランスとかそういうことを気にする選手ですので、自分の中で何か今日は違うなと思ったら電気をかけに来ますし、プラスアルファでマッサージも行ったりします。

選手に怪我がないように

横浜FC トレーナーの皆様

横浜FCの選手に対して、トレーナーの皆さんがいつも心がけていることをお伺いしました。
選手が少しでも良い状態でプレーして、チームの結果がついてきてくれるように、自分自身、今、チームや選手にどういったサポートが出来るかを、意識して活動していこうと思っています。


そしてやはり選手に怪我がなく、思い切ったプレーが出来る環境を作れるようにしたいというのが一番の思いですね。どうしても怪我をしてしまう選手が出て来てしまった場合には、少しでも早期復帰して、再発がないように細心の注意を払っていく様なサポートを今後もしていきたいと思います。

治療の幅が広がる

斎藤 朋之 トレーナー

メディカルトレーナーの斎藤朋之トレーナーに、SSP複合治療器「アステオ」の導入前と導入後の変化について伺いました。
痛みの緩和、除痛をメインに、ハイボルテージなどもかなり使っていますので、こういう機器が増えたというのは単純に助かっています。体に装着する電極は、主な筋肉には中周波の吸引カップ、足首ですとかカップの装着しづらい細かい筋肉にはSSP電極を使っていますが、簡単に取り扱えて使い勝手が良いですね。
あとは左右、チャンネルで使い分けができますので、治療の幅も広がったのがありがたいですね。設定のパターンもしっかり作っていただいているので、特にストレスを感じることもなく、選手自身も使い方を教われば自分で使いやすい環境になっています。
それから、刺激をしながらのマッサージができるようになりましたね。例えばマッサージの合間に足の方にだけ通電しながら、上半身、腰部にアプローチして、それが終わったら、ある程度の時間10~15分電気を流して筋を緩めた後にケアをする、というようなことがやりやすくなりました。大分、選手も機器に馴染んできましたので、自分で必要だと思う選手はよく来ます。アステオを特に気に入っている中堅の選手は、中周波の電極8個全部を使って、自分で手馴れた感じで装着していますので、扱いやすいと思います。

皆が争えるところにいられる状況

斎藤トレーナーに今のチームの状況について伺いました。(2019年10月末時点)
高校生から50オーバーの選手がいるチームですので、この年齢幅の中では良い意味での競争意識が芽生えていると思います。上の人間は生きた教材として、松井選手をはじめ元日本代表を務めていた選手が5~6人いますので、若い選手には良い刺激になっていると思います。一方で三浦選手に言わせると、若い選手のパワーを感じながら、その選手たちに負けないように、若い選手の良い所は取り入れようと取り組んでいますので、うちのチームは上の人間が高圧的に抑えてというのではなく、力が融合されて、それが2018年から19年は良い形で結果につながっているのだと思います。
あとは例年に比べると、年間を通して怪我人が大分少なく、終盤になってから離脱者がほとんどいない、皆が争える、選考されるところにいられるという状況を作れたのは、アステオをはじめとする機器を使っていることも貢献していると思いますよ。私もある程度長年やっていますが、この時期(10月末)にこういう状況はなかなかなく、だいたい何人かは長期の怪我だとかリハビリというのが例年ありますが、そういうことが今年はすごく少ないと感じています。本当にありがたいことです。



横浜FC LEOCトレーニングセンター
神奈川県横浜市保土ケ区川島町522-3

三ツ沢スタジアム

横浜FCは2019年、自力での13年ぶりJ1復帰を見事に決められました。
これからも株式会社日本メディックスは、横浜FCを応援してまいります。

  • 総合カタログ(電子ブック)
  • 全国ネットワーク 営業所案内
  • ユーザーレポート
  • デイケア開発支援
  • 中古医療機器在庫情報
国際規格ISO13485

株式会社日本メディックスは本社、柏工場にて品質システムの国際規格ISO13485を取得しています。