カタログ請求・お問い合わせ
  • お問い合わせ一覧
  • 会社案内
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • ENGLISH

展示会・セミナー案内

2017.06.04〜2017.06.04開催
治療効果を出す物理療法セミナー「SSP療法の理論と実践臨床について」(京都)

テーマ 電気刺激治療器は、治療プロトコルや治療ポイントを意識することで、
より高い治療効果を出すことができます。
有効に、ご活用いただくためのセミナーを開催いたします。
開催場所 TKP京都四条烏丸会議室 第2会議室
京都府京都市下京区四条通り 柳馬場西入ル立売中之町104 井門四条ビル7F

日時:平成29年6月4日(日)
開催時間:13:00~15:00

「SSP療法の理論と実践臨床について」
講師:了徳寺大学健康科学部 教授 石丸圭荘先生
silver spike point:SSP療法の最新重畳波形や鎮痛メカニズムである下行性疼痛抑制・ゲートコントロール 理論などについて実技を交えて解り易く講演いたします。

【講師プロフィール】
所属学会/◆日本レーザー治療学会・理事  ◆日本レーザー・スポーツ医科学会・理事
     ◆日本慢性疼痛学会・評議員   ◆日本疼痛学会
     ◆日本ペインクリニック学会   ◆国際疼痛学会(IASP) 他
著書/ □ペインクリニックと東洋医学(共著)真興交易医書
   □痛みのマネジメント(共著)医歯薬出版
   □慢性疼痛の理解と医療連携(共著)真興交易医書
   □神経ブロック・鍼療法(共著)医歯薬出版  他

定員:40名(定員に達した場合、申し込みをお断りさせていただく場合があります)
受講料:3,000円
当日、受付にてお支払いください。

セミナープログラム
【SSP療法の理論と実践臨床について】
 SSP療法の理論と臨床について         40分
 実技 1. ゲートコントロール理論の実技・体験   20分
 実技 2. 下行性抑制理論の実技・体験       50分
 質疑応答                   10分

【刺激部位・治療効果の確認方法】
 ゲートコントロール理論 刺激時間: 10分( 治療周波数100pps )
 刺激部位: 正中神経・橈骨神経
 治療効果確認方法: 2 点識別覚検査
 検査部位: 手掌( 正中神経支配領域) 手背( 橈骨神経支配領域)
 下行性抑制理論 刺激時間: 30分 ( 治療周波数3pps )
 刺激部位: 上肢末梢ポイント
 治療効果確認方法: 2点識別覚検査
 検査部位: 前腕・下腿
 ※100pps / 3pps 同時通電を時間があれば実施する。

※当日は(株)日本メディックス製の最新機種SSP複合治療器アステオを使用します。

お申込みは(1)FAXまたは(2)メールでお願いいたします。
(1)セミナーご案内印刷用PDFをダウンロードし、2枚めにご連絡先等を記入いただき
FAX:04-7193-3327へ送信ください。
(2)ご連絡先【氏名・氏名ふりがな・ご所属(ご施設名)・ご職業・TEL・e-mail】を記載して seminar@nihonmedix.co.jp 宛にメールをお送りください。

主催管理:(株)日本メディックス
担当:   営業推進部営業企画課 橋本博光
電話:   04-7193-2237 携帯:080-1119-6066

セミナー当日連絡先
担当:大阪支店 千布泰三
携帯:080-1119-6111

  • 総合カタログ(電子ブック)
  • 全国ネットワーク 営業所案内
  • ユーザーレポート
  • デイケア開発支援
  • 中古医療機器在庫情報
国際規格ISO13485

株式会社日本メディックスは本社、柏工場にて品質システムの国際規格ISO13485を取得しています。