カタログ請求・お問い合わせ
  • お問い合わせ一覧
  • 会社案内
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • ENGLISH

展示会・セミナー案内

2018年7月15日(日)開催
セミナー

治療効果を出す理学療法セミナー「股関節・腰部・肩部の疾患に対する機能改善アプローチ」(高松)

開催場所 ⾼松テルサ 307会議室(⾼松市屋島⻄町2366-1)
JR高松駅(7番バス停)から路線バス「屋島大橋線」にご乗車:約20分(280円)「高松テルサ」バス停にて降車
駐車場300台収容・料金300円

日時:平成30年7月15日(日)10:00~16:00

講師:株式会社チームエス 下高井戸ヒーリングプラザ整骨院鍼灸院
 松野伸哉先生(柔道整復師)

-------------------------------------------------------------------------------------
機能改善に必要な、【可動性(mobility)・安定性(stability)・連動性(interrelation)】 この3つの要素のうち、モビラ&アステオは正しく使用することで全てに対応することができます。

スリングや物理療法はそれぞれ特性を理解し、症状に合わせて適切に使用することで急性期、慢性期共に様々な症状に対して私たちの治療を手助けしてくれます。
モビラ&アステオを使用しての疼痛抑制、可動性改善、安定性改善を行う事でより良い治療効果を発揮することが可能となります。
目先の疼痛抑制のみではなく、医科学的根拠に基づき正しい評価を行い、正しく機能改善を行う事が最も重要です。

今回セミナーでご紹介する内容は高齢者からトップアスリートまで、実際に実践しているそのままの内容になります。
EBMに基づいた鑑別疾患、治療の下で積極的に医療連携を行い、この業界が医療として発展していけるよう少しでも日々の治療のご参考になりましたら幸いです。
 

定員:20名(定員に達した場合、申し込みをお断りさせていただく場合があります)
受講料:5,000円
当日、受付にてお支払いください。

 

セミナープログラム
【股関節・腰部・肩部の疾患に対する機能改善アプローチ】

※10:00~16:00  ※途中休憩12:00~13:00(予定)

 1. 機能改善に必要な要素(可動性・安定性)
 2. 股関節疾患に対するモビラ&アステオ使用例
 3. 腰部疾患に対するモビラ&アステオ使用例
 4. 肩部疾患に対するモビラ&アステオ使用例
 5. モビラ&アステオを用いた機能改善トレーニング
 6. 質疑応答
 

私たち施術家は患者様に対して『正しくないものを取り除き、正しいものを強化する』という事を考えていかなければいけません。その為には、可動性、安定性、連動性の3つが必要になります。その中でもまずは特に関節の可動域と安定性が重要になります。
車で例えると、ブレーキ(関節可動域の問題)を踏んだままアクセルを踏んでもいつかは壊れてしまいます。もし、ブレーキを解除したとしてもアクセル(筋力の不足)を踏まなければ前には進みません。というように治療を組み立てるに当たり、関節可動域と安定性は必ず治療に必要な要素となります。

私たちが普段治療院で多く見かける腰の痛みや肩の痛みなどの代表的な症状に対し、モビラとアステオを正しく組み合わせて使用することで、運動器の疾患(腰痛、肩の痛み、骨折後のリハビリ治療等)に対する治療だけでなく、その後のトレーニングにまで幅広く利用することができます。
モビラの『第3の手』があることで施術者の両手が塞がることなくアステオなどの物理療法や手技療法との組み合わせが可能となり、よりバリエーション豊富な治療が可能となります。
また、患者様自身が完全に脱力できる為、周囲の筋が緊張せずトリックモーション(代償動作)が起きず、可動域改善、安定性改善のどちらもより効率良く行うことが可能になります。
特に高齢者の患者様の治療では患者様自身が上手に力を抜けない為、『第3の手』があることで可動性改善やトレーニングがより安全かつ効果の高い治療が可能となります。

今回はモビラの『第3の手』の効果やアステオ等の物理療法との組み合わせについて、私たちが普段治療院で多く見かける症状を例にして簡単な解剖学やEBMを元に、評価から鑑別、鑑別から治療、その後のトレーニングまでの流れをご紹介させて頂きたいと思います。

※当日は(株)日本メディックス製の最新機種スリングセラピーベッド モビラ並びに、
SSP複合電気刺激治療器 アステオを使用します。

お申込みは(1)このページの下のお申込みフォーム(2)FAX(3)メールのいずれかでお願いいたします。
(2)セミナーご案内印刷用PDFをダウンロードし、2枚めにご連絡先等を記入いただき
FAX:04-7193-3327へ送信ください。
(3)ご連絡先【氏名・氏名ふりがな・ご所属(ご施設名)・ご職業・TEL・e-mail】を記載して seminar@nihonmedix.co.jp 宛にメールをお送りください。

主催管理:(株)日本メディックス
担当:   高松営業所 桟敷征二
電話:  携帯:080-1119-6062

  • 総合カタログ(電子ブック)
  • 全国ネットワーク 営業所案内
  • ユーザーレポート
  • デイケア開発支援
  • 中古医療機器在庫情報
国際規格ISO13485

株式会社日本メディックスは本社、柏工場にて品質システムの国際規格ISO13485を取得しています。