温熱療法

熱、電磁波などのエネルギーを生体に加えることで、生理的反応を励起し、循環の改善や疼痛の軽減、リラクゼーションなどを行う治療法です。

温熱療法の歴史

病人の身体を暖めたり冷やしたりする温度刺激は、古代より行われている物理療法の基本的要素の一つです。温熱療法は最も人間の歴史となじみが深く、日光浴や温泉浴などの日常的なものから、温熱の熱源として光線、電気(高周波、超音波など)を使用するものがあります。温熱療法の中の一つである温泉療法は、症例として紀元前500年頃からギリシアで行われるなどの記録も残っていますが、科学的に研究されるに至ったのは18~19世紀になってからです。

温熱療法の定義・分類

温熱療法は、「熱、電磁波、超音波等のエネルギーを生体に供給し、最終的に熱エネルギーが生体に加わることで、循環の改善や疼痛の軽減、リラクゼーション等の生理的反応を引き起こす治療法」と定義されており、下記の3種類に分けられます。

  • 乾式(乾熱式)(=赤外線治療、ホットパック等)
  • 湿式(湿熱式)(=温泉療法、ホットパック、パラフィン浴等)
  • 転換熱(=極超短波治療器、超音波治療器)

医療機関、リハビリ施設等における治療の際の留意点

医療用温熱療法器(一般医療機器)についての禁忌事項は各治療器別に定められていますので、取扱説明書をよくお読みになってからお使い下さい。共通する禁忌事項についてのみ下記に記載します。

1)温熱療法による治療器を他の目的に使用しないこと。

2)次のような方には使用しないこと。

  • 糖尿病などによる高度な末梢循環障害による知覚障害のある方
  • 温度感知が出来ない方
  • 酒気を帯びた方

3)次のような方は介護者なしで使用しないこと。

  • 麻痺のある方
  • 意思表示が出来ない方

4)次のような方は医師の判断に従うこと。

  • 心臓疾患
  • 高熱疾患
  • 高齢者
  • 感染症の疑いのある方
  • 医師の治療を受けている方
  • 体に異常を感じている方
  • 重度の局所循環障害を持つ方
  • 病名などがはっきりしない方

5)次のような部位、領域、状態には使用しないこと。

  • 悪性腫瘍組織又はその周辺
  • 最近出血したか、または出血の可能性がある領域
  • 出血や血腫が起こりやすい組織又は月経時の腹部
  • 血栓性静脈炎の領域
  • 浮腫の領域
  • 最近、局所性刺激剤を使用した領域
  • 急性の損傷や炎症のある部位

6)使い捨てカイロや治療部位及び治療部位近くの金属類を体から外すこと。

ホットパック療法

ホットパックには湿熱と乾熱があり、生体への熱伝導は湿熱の方が大きくなります。
湿熱式は、保温性の高いシリカゲルやベントナイト等を厚い木綿の袋に入れ、パック状にしたものを加温器(ハイドロパッカー)で80~85℃の温度で15分以上加温してバスタオル等で包み、患部にベルト等で取り付ける方法です。シリカゲルやベントナイトは吸水力が強く、20~25分間の熱放出が可能です。皮膚温が最高に達するのは治療開始から7~12分後で、5~10℃上昇します。

ホットパック療法では、含水率の高い組織(末梢血管、皮膚)ほど加温されやすく、1~2cmの深さの筋組織では最高温度に到達するまでに15分以上かかります。 また、3cmの深さの筋では温度上昇は1℃以下で、特に脂肪組織が多いところでは比熱の小さい脂肪に熱が集中し、筋組織に伝導しにくくなります。

さらに、ホットパック療法を行うと、視床下部の温度調節機構の作用で、血管拡張作用のあるヒスタミン様物質の分泌等により皮膚の毛細血管が拡張して、皮膚内の血流は2倍以上になります。
このことにより血行が促進され、痛みの産物であるヒスタミン、ブラディキニンが除去され痛みが軽減されます。また、皮膚温度受容器の熱刺激によるγ線維の伝導が遮断されると、筋紡錘の活動の低下により一過性の筋緊張が軽減されます。

パラフィン療法

パラフィンは、熱伝導率が小さい(水の0.42倍)という性質があり、 熱せられ溶解したパラフィンの中に患部を入れても、熱がゆっくり生体に放出されるので、 湯に比較して熱く感じず、火傷を起こしにくいという特徴があります。

また、パラフィンは比熱が極めて高いので、パラフィンの槽から患部を出してもなかなか冷めません。 パラフィンが空気にさらされると、皮膚-薄い空気層-パラフィン被膜の層構造となり、保温性が高くなります。 パラフィン自体は水分を含まず乾熱ですが、発汗による汗が被膜との間にたまるので、実際は湿熱的性格を持ちます。

使用法は、パラフィン浴装置に融点43~45℃の固形パラフィンと流動パラフィンを 100:3の割合で混ぜ合わせ、加温し溶解したパラフィンの中に直接患部を浸けて行います。
治療部位は、通常上肢・下肢に限られます。手指や足指のように凸凹のある形状の 複雑な部位でも、細かいところまで一様にパラフィンが付着して均等に加温できるのが特長です。

赤外線療法

赤外線は、太陽光線に含まれる熱放射線の一種で、その中でも50~60%の割合を占め、生体に吸収されて組織の温度を上昇させる性質が最も強いと言われています。
また、赤外線はさらにその波長によって近赤外線(波長:0.75~1.5μm)、中赤外線(波長:1.5~3μm)、遠赤外線(波長:3~6μm)の3つに分類されます。
赤外線療法は、1875年Kellogによって初めて治療に使用され、物理的要素でいう輻射熱に分類される温熱療法の一種です。

治療効果は、皮膚表面の温熱作用がほとんどで、その深達度はせいぜい10mmとされています。従って皮下組織、血管、神経、リンパ管に与える温熱効果は大きくはありません。

生理作用の効果は、赤外線を照射すると血管を拡張し、皮膚に充血を起こさせ新陳代謝の活性化、鎮痛作用があります。赤外線治療器の発生原理は、タングステンフィラメントを加熱すると発生する可視光と赤外線のうち、赤色フィルターで可視光のみを取り除く方法と、セラミックスを熱して遠赤外線を出すものがあります。

極超短波療法

極超短波療法(マイクロ波)は、第二次世界大戦後に温熱療法の一つとして普及した比較的新しい治療法で、 1925年にStiebockにより治療器として応用する考えが発表されました。1947年12月に米国で理学療法に関する国際会議が開かれ、 その席上で極超短波治療器が正式に許可され、 治療器としては波長12.5cm、すなわち周波数2450MHzのマイクロ波を使用することが決定されました。

治療機器の原理は、マグネトロンと呼ばれる特殊な2極管により極超短波を発生させるというものです。 生体の深部組織から温め、特に水分をよく含む筋膜付近を温めるという生理作用があります。 しかし金属をよく加熱することから体内にペースメーカ、金属類が入っている患者さんに対しての使用は、禁忌事項になっています。

カタログ請求・お問い合わせ