低周波治療

周波数1~999Hzの電流を生体に流し、
その刺激により疼痛緩和などを目的とした治療器です。

低周波治療の歴史

低周波治療は、生体に電流を流すと痛みが治まる、あるいは筋収縮が起こる、といった現象はかなり昔から知られていました。しかし電気を治療器に応用させることが一般的になり始めたのはここ数十年の間です。1965年、カナダの医学者メルザックとウォールが発表した論文で電気通電が痛みを抑えるしくみ(ゲートコントロールセオリー)が公表されたことがきっかけです。

さらに当時ICやトランジスターの技術的進歩により、コンパクトな治療器が製造できたことも要因となり、アメリカでは「痛みの治療器」TENS(Transcutaneous electricalnerve stimulation)として家庭向けに急速に普及していきました。

大型低周波治療器の写真

大型低周波治療器

電気治療器の分類

一般的に電気治療器は、治療に使用する周波数によってグループ分けされ、低周波治療器では1~999Hzまでの範囲を使用します。それ以上を中周波治療器、さらに高いものを高周波治療器と呼びます。
また低周波治療器は、疼痛緩和を目的としたものと、筋肉を収縮させて筋力増強を目的としたものとに大きく分けられます。

TENS

TENS

「導子」と電流波形

生体に直接付ける電極のことを「導子」と呼びます。導子には様々な大きさ、材質、タイプなどがあります。治療するためには1つの部位に対して2極必要となります。現在では殆どの治療器は交流で通電しているため、導子の極性の大半がプラス・マイナスの区別がありません。

電流波形はパルス波と呼ばれるパルス幅の短いものを使用します。これは痛みを抑制させる太い神経線維によく作用するからです。一方、筋刺激を目的とする場合は、筋の収縮を起こさせる運動神経に作用させるため、逆にパルス幅の広いものを使用します。

吸着導子の写真

吸着導子

湿性導子の写真

湿性導子

ゲル電極

ゲル電極

ホットスパイク導子

ホットスパイク導子

痛みにおける作用

設定する周波数の値によっても痛みに対する作用が異なります。一般的に高い周波数(50Hz以上)は、痛みに対して即効性がありますが、通電を停止すると比較的短時間で痛みが元に戻ります。逆に低い周波数(1~5Hz)は、即効性はありませんが徐々に痛みが軽減され、通電を停止しても痛みはすぐに戻らず、持続効果があります。

治療器には、これらの周波数の特性を活かすため、高・低の周波数を交互に流す方法が取られ、即効性と持続性の2つを効果的に引き出すようにプログラムが作られています。治療時間は、痛みの程度、個人差で異なりますが、おおよそ20分間位を目安に設定します。

低周波治療における周波数帯

低周波治療器の周波数帯は1~999Hzまでありますが、主に使用される範囲は1~200Hzの範囲です。200Hz以上では殆ど体感的にも作用的にも変化がないからです。

低周波治療器のコンセプトは、TENSを元に開発されたものが殆どですが、それ以外のものとして、中国の鍼麻酔を発展させた「SSP療法器」が挙げられます。この治療器については「SSP療法」のページで詳しく解説しております。

SSP療法について

カタログ請求・お問い合わせ