干渉電流型低周波治療

周波数1,000Hz以上の2つの異なる中周波電流を生体内で交差させ、
その周波数の差による干渉低周波刺激によって、疼痛緩和などを行う治療器です。

ポンピング作用による血流の促進で痛みの物質を除去

1948年にオーストリアの医師ハンス・ネメック博士により、医学会で干渉低周波治療器が発表されました。
その後、ドイツ・ネメクトロダイン社により、世界で初めて干渉低周波治療器を発売、この理論の特許の有効期限がきれてから、干渉電流型低周波治療器は世界中で製造されるようになりました。
干渉電流型低周波治療器による疼痛緩和は、神経刺激によるものより筋を収縮させ、そのポンピング作用による血流の促進で痛みの物質を除去するというものです。

また、中周波領域の周波数を使用しており、皮膚抵抗値が低いため通電の際の痛みを感じにくくなります。その結果筋収縮を十分起こすまで電流出力を上げることができます。

干渉電流型低周波治療器の仕組み

干渉電流型低周波治療器では、1000Hz以上の中周波領域の搬送波を使用しますが、主に2500Hz又は5000Hzの周波数が用いられています。 基本的には2組の導子を用い、2種類の異なる中周波電流を交差させ、そこから発生する干渉低周波を使用する治療器です。

例えば図のように、2種類の導子赤と白を図のように交差させ、赤の導子から5000Hz、白の導子から5010Hzを通電すると、 交差している部分から2つの周波数の差である10Hzの干渉低周波が生まれます。

干渉低周波の説明図1

この干渉低周波は10Hzなので低周波になりますが、低周波治療器で使用する波形とは大きく異なります。刺激間隔は10Hzですが、 中身は5000Hzの中周波になります。

干渉電流型低周波治療器は基本的に4極で治療する場合が多いのですが、器械の内部で前もって人工的に変調させれば2極でも同様の干渉低周波を発生させることができます。また、6極で行う方法もあり、この場合もう一つ周波数を追加して5000Hz、5010Hz、5020Hzと3種類の中周波を使用します。干渉領域は3次元的になり、刺激感も増大します。

干渉低周波の説明図2
PMC4極法

      4極法

6極干渉通電

      6極法

治療ポイントと治療テクニック

治療ポイントは、痛みのある部分を囲むように導子を置きます。しかし、皮膚下の組織の影響により、必ずしも治療ポイントに到達していない場合もあり、それを補う方法として以下の3つの方法があります。

PMC 4極法

器械の中で前もって人工的に変調をかけてできた干渉低周波を4極干渉させた場合、干渉領域は通常の干渉領域よりも広がり、 特に電極下の刺激が発生します。従ってより治療ポイントに到達しやすくなります。

PMC4極法

ベクトル機構

干渉領域を左右に移動する機能で、治療ポイントを網羅できます。

ベクトル機構

6極干渉通電

6極干渉を行うことにより干渉刺激範囲が広がり、特に深部のポイントに到達しやすくなります。

6極干渉通電
カタログ請求・お問い合わせ