カタログ請求・お問い合わせ
  • お問い合わせ一覧
  • 会社案内
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • ENGLISH

医療機器低周波治療器 HVMCデルタ

RE-2011ES
物理療法 (低周波治療器)
  • 基本情報
  • 仕様
  • 関連商品
低周波治療器 HVMCデルタ

商品ギャラリー

画像をクリックすると拡大して表示します。

商品説明

シンプルなのに高機能!

使いやすさを追求し、よりシンプルによりコンパクトに

HVMCデルタは名前の通り、HV(ハイボルテージ:高電圧電気刺激)治療モードとMC(マイクロカレント:微弱電流)治療モードを有した電気治療器です。
この2つの治療モードは痛みの治療に限らず、創傷治癒、機能回復、日常生活への早期復帰まで電気刺激治療器に求められる様々な役割にお応えします。

※カートは別売です。

HV(ハイボルテージ)治療モード:疼痛抑制から筋の再教育まで:チャンネル3-4

最大480Vの高電圧の電気刺激をツインピーク波形で瞬間的に加えるハイボルテージ(高電圧電気刺激療法)は、皮膚インピーダンスの影響を受けにくく、電気刺激を深部組織まで到達させることができます。そのため、疼痛の軽減や血流量の増大、皮膚潰瘍の治癒促進などに利用されます。NMESモードの設定もできます。

MC(マイクロカレント:微弱電流)治療モード:早期からの治癒促進に:チャンネル1-2

生体内に微弱な電流を通電させ、組織損傷の治癒促進や、細胞レベルでの代謝の活性化を促します。神経や筋を興奮させないため、運動後の筋肉痛の軽減や炎症の抑制などが期待できます。自律神経系と筋膜の緊張性とのあいだに提唱されている相互作用に着目し、可動性の改善目的でも微弱電流が使用されています。

MCC治療モード:全身コンディショニングに:チャンネル1-2

、全身調整微弱療法のことで、上下肢の4点から微弱電流を流すことでホメオスタシス(生体恒常性)を調整し、全身の細胞の活性化を促す新しい療法です。通常の電気刺激療法の後療法として活用していただくと、より一層の効果が期待できます。

スリングセラピーとの組合せ治療例

『第三の手』として治療部位の支持を施術者に代わってスリングが行うことにより、施術者の負担を減らすことができます。両手が塞がることがないため施術の幅が拡がります。

仕様

定格電源 AC100~240V 50/60Hz
定格消費電力 70VA
寸法(mm)

268W×310D×130H 

質量 4.0kg 
電撃保護形式 クラスⅠ、BF形
認証番号 230AIBZX00005000
JMDNコード 35372000
クラス分類 管理医療機器・特定保守管理医療機器(修理区分6)

関連商品

RE-2000C 小型治療器用カート
カタログ請求・お問い合わせ
  • 総合カタログ(電子ブック)
  • 全国ネットワーク 営業所案内
  • ユーザーレポート
  • デイケア開発支援
  • 中古医療機器在庫情報
国際規格ISO13485

株式会社日本メディックスは本社、柏工場にて品質システムの国際規格ISO13485を取得しています。